青汁の原料

美味しい青汁になるには、どんな原料が美味しくて、どんな原料がまずい?
MENU

青汁の原料記事一覧

青汁の材料・原料として使われる野菜や食品「大麦若葉」大麦若葉は、大手メーカーのお茶飲料などによく使用される原料です。二条オオムギ、六条大麦など種類がありますが、実る穂が何列あるかで分類されています。大麦は秋に発芽をし、冬を越して初夏に実をつけ、枯れていきますが国産大麦としては主に、北海道で春にまく種が栽培されています。ローラーで押しつぶした大麦は、「押し麦」として知られています。大麦を炒ってお茶に...

青汁の材料・原料として使われる野菜や食品「明日葉」明日葉はセリ科の植物で、日本原産。房総半島~伊豆諸島などに自生します。伊豆大島や八丈島での料理が有名ですね。1メートルほどになる多年草ですが、2-3年で実をつけるとその後枯れてしまいます。冬にも緑色を保ちます。味に独特の癖があり、天ぷらやおひたしで食べるのが主流です。出荷の9割が、健康食品に使われています。明日葉の効果便秘予防、利尿作用、高血圧予防...

青汁の材料・原料として使われる野菜や食品「ケール」ケール(英語: Kale, Borecole、学名:Brassica oleracea var. acephala)はアブラナ科の野菜。和名はリョクヨウカンラン(緑葉甘藍)、ハゴロモカンラン(羽衣甘藍)。 出典:wikiキャベツの仲間である、ケールは、地中海が原産です。葉はキャベツのように丸く固まらず、広がって育ちます。癖もなく飲みやすい味です。緑...

青汁の材料・原料として使われる野菜や食品「クマザサ」クマザサとはクマザサはイネ科で、高さ1~2mになる大型の笹です。若葉は緑ですが、越冬をすると周りに色が抜けた部分ができ、独特の模様になります。北日本の日本海側を中心に自生しています。大きい笹を一般的にクマザサと呼ぶこともあります。熊笹という漢字は、誤って広がったもので、葉の周りが白いことから、本来は漢字は隈笹と書きます。綺麗な模様なので好んで庭に...

青汁の材料・原料として使われる野菜や食品「乳酸菌」フルーツ入り青汁などでよく見る乳酸菌。昔からヤクルトやヨーグルトなどでよく耳にしていますが、乳酸菌とはどういうものなのでしょう?乳酸菌とは代謝によって「乳酸」を生成する細菌の総称です。食品の発酵に使われたりします。一部の乳酸菌は、体内に常駐し(腸内細菌)腸内環境を整える役目をしています。「乳酸菌」という名前の菌はいません。その特性を持つ菌を、まとめ...

美味しい青汁ハッピーマジック [提携]

おいしい青汁ハッピーマジック

このページの先頭へ