乳酸菌│青汁の原料

美味しい青汁ランキング。原料の乳酸菌とは
MENU

乳酸菌│青汁の原料

青汁の材料・原料として使われる野菜や食品「乳酸菌」

フルーツ入り青汁などでよく見る乳酸菌。昔からヤクルトやヨーグルトなどでよく耳にしていますが、乳酸菌とはどういうものなのでしょう?

乳酸菌とは

代謝によって「乳酸」を生成する細菌の総称です。食品の発酵に使われたりします。一部の乳酸菌は、体内に常駐し(腸内細菌)腸内環境を整える役目をしています。「乳酸菌」という名前の菌はいません。その特性を持つ菌を、まとめた呼び名です。
発酵によって糖類から乳酸を作り出し、悪臭を放つ腐敗物質を作らないものが乳酸菌と呼ばれています。

乳酸菌の役割

乳酸菌

乳酸菌による発酵で、酸味を主体とした味や香りをつけることが出来、phが酸性に偏ることで他の微生物の繁殖を抑え、食品の長期保存を可能にしています。発酵の際にビタミンCを生成するので、元の食品よりビタミンCが多くなります。

人間の体内にいる常在菌は、バリヤーとしても機能する「善玉菌」です。
(ただし、乳酸菌には虫歯を創りだす菌もいます)

乳酸菌を体外から摂取する考えはロシアの科学者「イリヤ・メチニコフ」の発案とされています。ブルガリアに長寿者が多いことに目をつけ、ブルガリアの乳酸菌、ケフィアや酢漬けなどの乳酸菌を研究しました。
乳酸菌を口から摂る場合、ほとんどは胃で死滅してしまいますが、最新技術と新しい株の研究により腸まで届く乳酸菌が開発されました。

乳酸菌の効果

注:はっきりと明記するため、トクホ認可食品での効果をあげます。
便秘や下痢の改善、善玉菌が増殖することによって有機酸が増え、アンモニアが減り腸内環境が改善される。
血圧やコレステロールの低下、花粉症などのアレルギーの軽減。

膣内では酸性に保ち他の病原細菌を阻害する役割もあります。

美味しい青汁ハッピーマジック [提携]

おいしい青汁ハッピーマジック

このページの先頭へ