青汁の原料に含まれる成分とその役割

美味しい青汁とは言え飲む目的はダイエットや美肌、お腹の調子を整えるなどそれぞれ違います。青汁に含まれる成分には体にとってどんな役目があるのでしょうか?
MENU

青汁の原料に含まれる成分とその役割記事一覧

水溶性食物繊維(ファイバー)にはどんな役目と効果があるの?ダイエットや健康目的でドリンクやサプリを見ていると「水溶性食物繊維(ファイバー)」という成分が目につきます。ファイバーと聞けばなんとなく、糸のようなものが想像できますが「食物繊維」とは、どういうものなのでしょうか。食物に含まれる繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つがあります不溶性食物繊維とは野菜や果物の中に含まれる、筋のような糸状の...

ビタミンAを多く含む植物・野菜・果実ビタミンAとは、大きく分けて動物に多く含まれる脂溶性の「レチナール」「レチノール」「レチノイド」と、植物に多く含まれる水溶性の「β-カロテン(プロビタミンA)」に二分されます。脂溶性ビタミンA(レチノイド)は動物にのみに見られます。β-カロテンなど、食してから体内でビタミンAに変換されるものを総称してプロビタミンAと呼び、プロビタミンAは動植物ともに見られます。...

美味しい青汁ハッピーマジック [提携]

おいしい青汁ハッピーマジック

このページの先頭へ