水溶性食物繊維(ファイバー)

青汁に含まれる成分には体にとってどんな役目があるのでしょうか?水溶性食物繊維(ファイバー)を詳しく説明します。
MENU

水溶性食物繊維(ファイバー)とは

水溶性食物繊維(ファイバー)にはどんな役目と効果があるの?

ダイエットや健康目的でドリンクやサプリを見ていると「水溶性食物繊維(ファイバー)」という成分が目につきます。

ファイバーと聞けばなんとなく、糸のようなものが想像できますが「食物繊維」とは、どういうものなのでしょうか。

食物に含まれる繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つがあります

不溶性食物繊維とは

水溶性食物繊維(ファイバー)

野菜や果物の中に含まれる、筋のような糸状のものです。ジューサーでパイナップルなどを絞ると残る繊維もそうですね。

口に感触がある繊維もあり、ザラザラしたり残ったりします。食べても害はありませんし、水分を吸収して膨らみ腸を刺激してくれたりしますので便通を良くしてくれる効果もあります。

良く噛むことになるので顎の発達や歯並びにも影響があります。

不溶性食物繊維を多く含む食品

いんげん豆、ひよこ豆、おから、小豆、栗、えんどう豆、いんげん、よもぎ、しそなど。豆類に多く含まれますがモロヘイヤ、納豆やエリンギ、ラズベリー等にも含まれています。

水溶性食物繊維とは

水溶性食物繊維(ファイバー)

サプリやドリンクなどで目にする「水溶性食物繊維」とはどんなものなのでしょうか?

その文字の通り、水に溶ける食物繊維のことです。溶けたら繊維じゃないのでは?と思うかもしれませんが、しっかりその役目は果たしているのです。

水溶性食物繊維には粘着性があり胃腸内をゆっくり移動するので、食べるとお腹が空きにくくなります。そして血糖値の上昇がゆっくりになる性質があるのでインスリンによる脂肪の蓄積を抑え、さらにコレステロールを吸収して排出してくれるという素晴らしい効果があります。

腸内で発酵・分解されるとビフィズス菌などが増加し、腸内環境も整えてくれます。

とうもろこしから抽出した「ポリデキストロース」やトウモロコシのデンプンをさらに分解した「難消化性デキストリン」などは血糖値の調節や高血圧の方におすすめの健康商品の原料として認知されています。

水溶性食物繊維を多く含む食品

水溶性食物繊維は、海藻、果物、いも類、豆類、野菜等に多く含まれます。

含有量で行くとエシャロット、にんにく、ゆず、百合根、ごぼう、かんぴょうなどに多く含まれています。

美味しい青汁ハッピーマジック [提携]

おいしい青汁ハッピーマジック

このページの先頭へ